読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草も生えないとこ

独り言とか

飛ばぬ鳥なら落ちもせぬ 初日 感想

※あくまで観劇初心者の未熟な個人的感想です

 

ボクラ団義さんの第19回公演『飛ばぬ鳥なら落ちもせぬ ~梟雄と呼ばれた男 右筆と呼ばれた男~』、初日の公演を観てまいりました。

言わずと知れたボクラ団義さん、そして久保田唱さんの脚本演出。まだ知って日は浅いですが、この人の脚本ならば、と思うのは今のところ久保田さんだけです。正直。私の狭い世界でもそうだし、他の広い世界を観てらっしゃる方々も、きっと一目を置いてらっしゃるんじゃないでしょうか。昨年の『今戻』、年始の『Re call』の衝撃は、たぶんずっと忘れないと思います。

 

私歴史はからっきしで、戦国武将も全然知らんのです。なので、今回メインとなる松永久秀も、全然知りませんでした。ただ、梟雄という語を調べると真っ先に出てくるし、その逸話たるや「おおお…」とびびってしまう内容…とはいえ、久保田さんが描くんだから、きっとがらりと違う姿になるはず、とわくわくして観たわけですが。

 

やっぱり初日でネタバレはしたくないので、とりあえず言いたいことを並べますね。

 

・鵜飼主水最高だよ

・飛脚組可愛すぎてたまりません。あの三人の会話とか喧嘩とか延々と聴いていたい。癒されそう。

・現代組の仕事現場ぜひ見たい。むしろどんな言語でも勉強するからぜひ入社させてほしい(?)

・鵜飼主水最高だよ

・現代組便利すぎわろた。なんかもうちょっとこう…何か惜しい…!(何)

・耳蒼の時も思ったけど、歴史の教科書の読み方が変わる。想像欲を掻き立てられる。もしこうだったら?もしああだったら?と、歴史を改変してマイワールド作りたくなる。脳みそのそういう部分を刺激される舞台だと思いました。

・因果とは、めぐるもの。己の行動の報いは、良くも悪くも返ってくるなあとつくづく。

脳筋がいる。そして脳筋のこどもはやはり脳筋だった←

・情報の洪水。飲み込み把握しきるには何回か見ないと、と思いました。しかしその洪水が心地よいのはどうしてなんだろう。台本販売していたことを今知ったので次行ったときには買わなければ…!!

・鵜飼主水最高だよ

・鵜飼主水最高だよ

・人は弱きもの、そして強きもの。芯があれば強いと言うが、その芯に入ったヒビは、もう無かったことにはできないね。

・鶏に思い入れを抱く日が来るとは思いませんでした。

・鵜飼主水最高だよ

・セットが今回もどきどきわくわく、よく動く。どうか無事故で。

・サントラをください。

・鵜飼主水最高だよ

・キャストみなさん、特に鵜飼さん、添田さんあたり!喉を大事に!!!!!喉!!!!!!超大事に!!!!!!してください!!!!!!!

・鵜飼主水最高だよ

 

 

まあこんな感じで。

 

以下はべた褒めな推しの感想になりますが、私は鵜飼主水という役者を好きになって本当によかったなあ、と心から思いました。この人の進化は止まらんのだと、誰にも止めることなんかできないんだと、余計なものなんか見ないで、誰より早く駆け抜ける人なんだと改めて実感しました。もうどこまでも走って行っていただきたい。そう思います。

 

キャスト・スタッフの皆様、そして観劇された全ての方、ていうかもう関係される皆々様にとって、最高の公演となりますように。そして、どうか無事故で千穐楽を迎えられますように。心よりお祈り申し上げます。

 

『飛ばぬ鳥なら落ちもせぬ ~梟雄と呼ばれた男 右筆と呼ばれた男~』

吉祥寺シアターにて、16日までの公演です。

 

 

 

私今日誕生日だったんですが、最高の誕生日プレゼントになりました。本当にありがたい。いいもの見せていただきましたし、あと何回かは見るわけですが。

私も、こうと決めたらそのために地を駆けまわるような、そんな人間になりたいものです。

 

明日も仕事がんばろ。